保証協会の別枠(リスケジュール中でも可能)

2016 年 5 月 7 日 土曜日

<産業競争力強化法の活用>

リスケジュール中でも、保証協会枠がいっぱいでも
活用出来る「資金調達」の選択肢が増えました。
信用保証協会の保証制度が
創設された事による、新しい資金調達の方法が可能になりました。

経営改善サポート保証の活用することにより可能にはなりましたが、ハードルが低いわけではないですから・・・

チャレンジする価値はありますよね。

まずは、【経営改善計画書】の作成からです。

吉野

氏名:
吉野 兼司

経歴:
1965年生まれ
埼玉県出身
平成14年5月より企業/事業再生・FCコンサルティングを開始。
平成18年より小売店舗20店舗を展開、平成21年9月中小企業に特化した事業再生FGグループを設立しました。
資金繰りの状況が厳しくなってご相談に見えられるケースが多いです。リスケジュール等でキャッシュバランスをとり、並行して抜本的な解決策練りを実行します。私的整理・会社分割・営業譲渡を使った不採算部門の切り離し、EBO・MBOを使った事業の保全、業績そのもののテコ入れ及び資金調達を経営者と一緒になり行います。

URL:
www.fgg-co.com
www.worldblend.net